五十

高校の同窓会のスタッフに加わった。運営に参加する義務はなく、母校への思いも薄いのだが、10年ほど前に私たちが高校のあるこのまちでの同窓会の当番期だった年、帰郷から間もなかった私は同窓生たちとの人脈が皆無だったため参加しなかった。その後、同窓生を通じて幅広く仕事をもらったので、ささやかながら恩返しがしたいと思って手を挙げたのである。

しかし、今年の同窓会は県庁所在地の都市で開かれる。私がいま住んでいる母校の所在地よりも、県庁所在地のほうが羽振りのいい医師、弁護士、実業家、地方官僚などの卒業生が多いので、向こうの同窓会のほうが豪勢だ。昨年の秋、最初の準備委員会に私も顔を出したが、まあおまえははるばるやってくるのも大変だろうということで、WEBページの制作という閑職を割り振られ、15年前に蓄えた知識とテキストエディタを使って、与えられた仕事をつつがなくこなした。

同窓会の仕事を割り振りしているうちに、高校時代の私の(というよりも学年の男子全員にとっての)マドンナが、Kという私の面識のない同級生に嫁いだことを知った。同級生と結婚したことは知っていたが、その姓を知らなかった。マドンナといってもすでに50に近いわけだが、6月初旬の同窓会には出席しないらしい。残念であると同時に、安心もした。卒業後32年間という時の流れを考えれば、あの人が老人ホームに入った天地真理をちょっと若作りにした外観になっている可能性だってないわけじゃない。一方、私は中年ぶとり、顔の皮膚もたるみっぱなしという厳然たる事実があるが、向こうが私のことなど忘れているだろうから、私には引け目などない。

高校時代、私にはまぶしい存在がもうひとりいた。こちらは男である。スポーツ万能、頭が良く、性格は快活で人気者、文化系の部活の全国大会で大活躍し、その後国立大学の医学部に入った。そう。イケメンでもある。こういう輝かしい人間と(その正反対のワル)と私は縁遠い存在なので、あまり接点もないはずなのだが、この男がなぜか盛んに私にちょっかいを出してきた。どう対応すればいいのかまったくわからず、ほぼ無視したら、そのうち相手にしてもらえなくなり、内心後悔した。

その男も私と同様、50歳近くになったわけだが、同窓会の運営組織から割り当てられた仕事が医師の業務と関係なく、経験に乏しいために難儀していると聞いた。私はメールで「そういうのは仕事でよくやっていることなので、手に負えないと思ったらすぐ連絡を」と呼びかけた。向こうからはたぶん頼むことになるという返事が届いた。

この男と直接会う機会があるのかどうかわからないが、もしも相変わらずのイケメン、快活だったら、私は50近くになった今もどうしていいかわからず、冷たい態度しかとれないので、どうか人並みに小汚い中年男になっていてほしいと願っている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中