昭和

 先日参加した昼食会。不況に抗してまずまずの経営状態にあると思われる企業の役員が吐き捨てた。「学生向けの就職説明会で、となりの企業のブースには長い列ができてる。うちのブースの前は『パラパラ』程度。事業の説明しても、うちに就職する若者なんてほとんどいないよ」。

 その企業は、決して先行きが楽観できない業界、道外にも展開しているため転勤が不可避であることなど、学生から見ればマイナス要素はたくさんあるのだろうが、その役員が口にしたもう一つの理由に驚いた。

「うちの社名に、『昭和』が入るのがダメなんだ。古臭い社名だと敬遠されちゃう」

 昭和が終わってからもう少しで四半世紀。いま就職の時期を迎える人にとり、「昭和」は私たちにとっての「大正」、ひょっとしたら「明治」と同様の響きがする言葉なのかもしれない。その企業はおそらく、まだ「昭和」という響きに新しさが含まれていたころに創業・命名されたのだろうが、それがいつか仇になるとは創業者も予想できなかっただろう。

 嘆きの会社役員のとなりに座っていた別の役員が、こう続けた。「そうなんですよ。カタカナの企業のブースのほうが、たくさん学生が並ぶんです」。

 その人が実例に挙げた企業は、カタカナ3文字に長母音の記号が1本。厳しい不況の続くこのまちにあっては、躍進著しい。学生の人気が高いのは業績が良いからだろうと反射的に思ったが、ひょっとしたらカタカナ系の会社に優秀な若者が集まり、その結果として業績が伸びたのかもしれないと思えてきた。

 カタカナ企業の人気は、私が就職活動した約20年前、いやその前から指摘されていた。いかつい響きの漢字社名を、語末が「ックス」となるカタカナ社名に変更する企業が多かった。しかし当時はまだ平成が始まったばかりで、「平成」を社名に冠した企業は新しいというよりも頼りなかった。当時、「昭和」は求職者に敬遠される理由になどならなかったはずだが、いまの若者は昭和なんて知らないのだから、いやがるのも当たり前か。

 もしも昭和が古臭いとすれば、大正はどうなる。「大正製薬」という社名は極めて重い「負の遺産」なのか。

 「ファイトー」「イッパーツ!」

 屈強な若者2人が最後の2語にことさらに力を入れるのは、タウリン1000mgがエナジーサイクルに作用しているからではなく、大正の古臭さを中和したいからなのかもしれない。

広告

昭和」への2件のフィードバック

  1. 私が知る限りで一番古い年号企業は文明堂ですが、大変重い負の遺産を背負ってカステラ一番までたどり着いたのだなと尊敬の念を新たにしました。

    • 養老乃瀧の創業者が「木下藤吉郎」を名乗っているのはなんだか見苦しいと思っていましたが、創業が秀吉の登場する約800年前だとすれば、むしろ謙虚な方だったのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中